復興の日本人論 誰も書かなかった福島
59feef90f22a5b55d9008abe

復興の日本人論 誰も書かなかった福島

¥1,512 税込

送料についてはこちら

外から見ていると、今の日本はかなり危うい。 ──3.11以降、日本に対するフェイクニュースがあふれていたドイツからやって来た著者が見た福島とは? そして、日本とは? 巨額の賠償金による住民の「分断」 ドイツでは考えられない東電の謝罪方式 事実とはほど遠い風評 福島の不幸を喧伝するメディア 報道よりもずっと先を行く福島 ドイツ再エネへの勘違い… ドイツ在住35年の著者が、福島に足を運び、丹念に取材を重ね、2年の歳月をかけて書いた本。 <目次> 序章 ドイツから3.11後の福島へ 1章 巨額の賠償金が生んだ「分断」 2章 東電は謝罪していないのか 3章 風評を作り続けるマスコミ 4章 報道よりもずっと先を行く福島 5章 ドイツの失敗を繰り返すな 6章 日本が原子力を選択した日 7章 復興への希望と力